困ったことになる前に

インプラント後のケアを怠ったら

インプラント治療後のケア

インプラント治療後、年数が経つと歯茎が下がることがあります。定期的なメンテナンスもせず、毎日のケアも怠り、放置していたら、炎症を起こす可能性があります。ケアをしないことにより歯垢が溜まり、金属の劣化を引き起こし、表面が溶けて歯周炎を起こしやすい状態になります。インプラント周辺の歯茎は他の部分よりの栄養を運ぶ血流が少なく抵抗力が弱いため症状は急速に悪化します。早急に歯科受診し、歯茎の再生など適切な処置により、歯茎を再生する必要があります。歯茎の再生治療は難易度が高く、うまく行かないだけではなく悪化してしまう場合もあります。早期の対応が必要です。

インプラントはメンテナンスを

インプラント治療を受け、しっかりと自分の歯で噛めるようになり、もちろん人工歯なので虫歯にもなりません。安心して放置しておくと最悪の場合抜け落ちてしまうという結果になります。メンテナンスを怠るとインプラント周囲炎になり歯茎や骨が傷み、そのまま放置しておくと最終的には抜け落ちてしまうということになります。こうなると元の位置にそのまま埋め込むということはもうできなくなってしまいます。それを防ぐためには、歯科で指導をうけたとおりブラッシングで汚れをためないように心がけるセルフケアと、定期的に通院してプロのケアを受けることが不可欠です。もちろんこれも実費負担ですが、きちんとケアすれば半永久的に使用できるものであり、結果的には治療費を抑えることにもなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 抜歯は放置したらNGな理由とは All rights reserved