インプラントで回復

インプラントで嚙む力が回復

抜歯を放置せずインプラント

抜歯をすると嚙む力を失うことになり、他の歯が負担を負うことになるため放置し続けることは他の残った歯の寿命を減らすことにもなります。特に奥歯は噛む力が大きいので、前後の歯に負担がかかるだけでなく反対の歯に対しても負担が大きくかかる場合があります。しかしインプラントを使用すると噛む力の90%を回復することが出来るとされていますし、歯がないという見た目の違和感を改善することも出来ます。インプラントは基本的には健康保険が適用されない高額な歯科治療の1つですが、使用することで口腔内の状態を確実に改善することの出来る方法でもあるのです。

インプラントは放置しておかない

インプラントは、一度治療すれば、長期にわたり自分の歯のように使える質の高い治療方法のひとつですが、どうしても経年劣化があり、一生放置しておく事は厳しく、メンテナンスが必要だというニュースが先日伝えられ、多くの方が衝撃を受けました。もしも、神経を除去する治療をしたならば、痛みを感じないため、相当深刻なダメージがあるまで気付かない事があります。また、磨き残しの癖が原因で虫歯に至っていた場合、その癖が残っていれば、同じように磨き残しが発生している可能性もあります。今後は、これまでの認識を変えて、インプラント治療後のケアを考えていく必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 抜歯は放置したらNGな理由とは All rights reserved