抜歯は放置したらNG

抜歯は放置したらNGな理由とは

インプラント治療の仮歯について

インプラント治療の一環として、歯茎となる土台を安定させるためや、本歯の完成を待つためなどで、一定期間仮歯を装着することになります。この状態でも十分食べ物などを噛むことが出来るので、そのまま長い期間放置する人が増えてきました。この場合、ウイルスやバイ菌が歯茎から侵入しやすくなり、本歯を装着する前に再び何かしらの治療を受けなければならない可能性が高くなります。そうなると、追加の料金がかかるだけでなく、インプラント治療の期間も長くなってしまいます。そのため、仮歯の期間を長い間放置することなく、本歯が装着できる環境が整い次第速やかに治療を行うようにしましょう。

放置したインプラント治療

インプラントは、歯がなくなった後の顎の骨に人工歯根を入れて、その上に人工歯冠をかぶせる治療法です。この治療を行う場合、歯がなくなって3カ月くらい後が、一番治療に適しています。それ以上放置しておくと、骨自体が退化して、人工歯根を埋める骨がたりなくなってしまう場合があります。そのようなときは、骨再生誘導療法を行います。人口骨を使う場合は、リン酸カルシウム系の材料を使いますが、自分の骨を使う場合に比べて、治療の成功率が落ちます。自分の骨を使う場合は、顎骨やおと外部からとり、細かく砕いて、使います。抜歯後そのまま放置しておくとインプラントの治療方法が難しくなるのです。

↑PAGE TOP

Copyright © 抜歯は放置したらNGな理由とは All rights reserved